エウミール・マーシャル(ボクシング)のwiki風プロフィールや戦績は?

選手紹介

東京オリンピックのボクシングで金メダル候補とされている新鋭「エウミール・マーシャル」MARCIAL Eumirをご存じでしょうか?

史上2人目となる6階級制覇を達成したマニー・パッキャオがトップに立つMPプロモーションとプロ契約し、東京オリンピックで金メダル、そして、プロとして世界チャンピオンを期待されている「エウミル・マーシャル」についてwiki風プロフィールや戦績、生い立ちについて紹介していきたいと思います。

東京オリンピックでの大注目選手です!どんな選手なのかぜひチェックしてみてください。

 

エウミール・マーシャルのwiki風プロフィール

名前 エウミール・マーシャル(MARCIAL Eumir)
生年月日 1995年10月29日 25歳
身長 173cm
階級 ミドル級 75Kg
出身 フィリピン サンボアンガ市ルンズラン
ジム マニラ PSCABAPボクシングジム
契約 MPプロモーション
所属 フィリピン空軍

 

エウミール・マーシャルは、フィリピンの空軍に所属し、東京オリンピックのボクシング代表選手であり、さらに、プロボクサーでもあります。

世界選手権、東南アジア競技会で優勝するなど、数々のタイトルを獲得しているエウミール・マーシャルは、東京オリンピックでの金メダル獲得を国中が期待しています。

東京オリンピックが1年延期となったことで、我慢しきれずプロに転向した選手は多くおり、エウミール・マーシャルもその一人です

選手生命の短いスポーツ選手にとって1年延期というのは人生を大きく左右する出来事だったでしょうね!

契約を結んだプロモーション会社は、あのマニー・パッキャオのMPプロモーションです。

2020年12月にはプロデビューを白星で飾り、プロボクサー相手にその強さを全世界に見せつけました。

マニー・パッキャオのMPプロモーションとは

マニーパッキャオは史上2人目となる6階級制覇を達成した伝説のボクサーです

また2010年には国会議員に当選し、プロボクサー国会議員の2足のわらじを履くフィリピンの国民的英雄です。そのマニーパッキャオが手がける MPプロモーション会社とマーシャルは契約しました。

MPプロモーションには、世界3階級王者である「ジョンリル・カシメロ」、WBOミニマム級王者「ペドロタドゥラン」、IBFスーパーフライ級王者「ジャーウィンカンハウス」の3名の世界王者が所属しています。

エウミール・マーシャルのもとには、アメリカやイギリスなど数々のプロモーションからオファーがありましたが、子供の頃からの憧れのであるマニーパッキャオのプロモーションを選びました。

契約金の高いプロモーションは他にもあったと思いますが、国の英雄の元でボクシングがしたいという気持ちわかりますね!!

エウミール・マーシャルは、国のためにオリンピックで金メダルをとるという大きな使命を持っており、 MPプロモーションはそれを全面バックアップしてくれると約束してくれたことが大きな決め手になったと思います。

プロモーションと契約した場合、お金にならないオリンピックへの出場には賛同してもらえない可能性がありますが、マニーパッキャオは国会議員でもあり、国の英雄ですから、オリンピックへの出場を最優先に考えてくれたのでしょうね!

プロ契約してもオリンピックに出場できるの?

2016年のリオオリンピックからプロボクサーの出場が認められるようになりました。

プロボクサーがオリンピックに出場するということはありますが、オリンピック代表選手がプロの試合に出るというのはけっこう珍しいことです。

日本ではアマチュア団体とプロ団体のへだたりがあるので難しいでしょうね。

オリンピックは4年に一度の大イベントですから選手にとっては選択肢が増えたというのはとてもいいことですね。

エウミール・マーシャルの生い立ちは

エウミール・マーシャルのいとこがボクシングの代表チームに所属しており、小さいころからその姿を見て、ボクサーに憧れを持っていました。

7歳の時、父親に「僕もいとこのようになりたい」とお願いし、貧しい生活環境でしたが、父親と二人三脚で毎日特訓を始めました。

エウミール・マーシャルの故郷では月に1度、ボクシング大会が開催され、そこで勝利すると30ドルの賞金が出ました。その賞金で米や食料を買い家族のためにボクシングに励んだそうですね。

10歳そこそこの少年が賞金のリングに上がり、ファイトマネーを稼ぐなんて映画の世界ですねっ!

2011年、父親とトレーニングを始めてわずか3年でAIBA世界ジュニア選手権で優勝を果たし、2013年にはベストアジアユースボクサーオブザイヤーに選ばれるなど世界のトップ選手に躍り出ました。

AIBA世界選手権は、世界63か国が出場する世界No1を決める大会ですから、そこで優勝ということは、正真正銘の世界トップ選手です。
それを3年で達成するなんて大変なことです!

エウミール・マーシャルの戦歴は

2010年 フィリピンJrナショナルチャンピオンシップ 優勝
2011年  フィリピンJrナショナルチャンピオンシップ 優勝
AIBAジュニア世界選手権 優勝(フィリピン初)
2013年 ASBCアジアユースチャンピオンシップ 優勝
2014年 ベストアジアユースボクサーオブザイヤー受賞
2015年 東南アジア競技会 優勝
ASBCアジア連盟ボクシング選手権 2位
2019年 世界選手権 ミドル級 優勝
東南アジア競技会 ミドル級 優勝
2020年 東京五輪アジア・オセアニア大陸予選 優勝
12月 プロデビュー 勝利

エウミール・マーシャルのプロデビュー戦の結果は?

2020年12月16日マニーパッキャオのバックアップのもとプロデビュー戦を迎えました。

対戦相手は、プロ通算3勝1敗1分け「アンドリューホワイトフィールド」(アメリカ)。

対戦相手として決して弱い相手ではありませんでしたが、エウミール・マーシャルは常に試合をコントロールして、的確に相手にダメージを与えていましたね!

試合結果はエウミール・マーシャルの判定勝ち!

プロデビュー戦で少し動きに硬さはありましたが、オリンピックでの活躍に大きな期待を持てるパフォーマンスを見せてくれました!

東京オリンピックで金メダルを誓う!

フィリピンはボクシングが非常に盛んな国で有名ですが、意外にもオリンピックで金メダルを獲得したことがありません

現在エウミール・マーシャルのトレーナーを務めているのは、マニーパッキャオを歴史上最高のボクサーに育て上げた伝説のトレーナー「フレディ・ローチ」です。

伝説のトレーナーっていうのがいいですよね!
指導者によって結果が大きく変わることは多くあります。
高校野球なんて、有名監督が来たら一気に強豪校になったりしますからね!

最高のトレーナーの元、国のため、愛する家族のために必ず金メダルを取ると誓い、東京オリンピックに臨みます!

フレディ・ローチとは、アメリカのプロトレーナーです。数々のボクシング世界王者や総合格闘技の世界王者も育てた伝説のトレーナーになります。

ミドル級には日本からは森脇唯人選手が出場します。

エウミール・マーシャル選手森脇唯人選手にもメダルを取ってもらいたいですね。

オリンピックでは絶対に盛り上がる階級ですので皆さん一緒に両選手を応援しましょう。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました